, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

ゼロックス、HPへの敵対的TOB開始-現金と株式で1株24ドル

  • 内訳は現金18.40ドルとゼロックス株0.149株、提案の期限は4月21日
  • ゼロックスの提案を精査後、最善の行動について株主に助言へ-HP

オフィス機器メーカーの米ゼロックス・ホールディングスは2日、パソコンメーカーの米HPの全発行済み株式に対する株式公開買い付け(TOB)を開始した。HPの経営権を巡る攻防が激化している。

  ゼロックスの同日の発表資料によれば、同社はHP株主に現金と株式合わせて1株当たり24ドル(約2600円)相当の買収案を提示。内訳はHP株1株につき現金18.40ドルとゼロックス株0.149株で、提案の期限は4月21日だという。

  ゼロックスは両社の合併が実現すれば20億ドルのコスト削減と10億ドル強の増収が見込めるとしている。

  一方、HPの取締役会は同社の価値を過小評価しているとしてゼロックスの提案を拒否。先週には独立企業として存続できることを示す取り組みの一環として160億ドルの株主還元を発表した。HPの経営陣はまた、独自の条件での統合の可能性を議論するためゼロックスに働き掛けることも明らかにした。

  HPは2日の発表資料で、10営業日にわたりゼロックスの提案を精査後、最善の行動について株主に助言すると説明した。

原題:Xerox Starts Tender Offer in Hostile Takeover Bid for HP (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE