コンテンツにスキップする

G7財務相・中銀総裁、3日に電話会議へ-ウイルス対策を協議

更新日時

主要7カ国(G7)財務相は3日に電話会議を開催し、世界経済に脅威を与えている新型コロナウイルスへの対応を協議する。事情に詳しい複数の関係者が匿名を条件に明らかにした。G7中央銀行総裁も参加するという。フランス経済・財政省によれば、会議はパリ時間午後1時(日本時間午後9時)に始まる。

  ウイルス感染拡大の影響を巡っては、工場閉鎖やサプライチェーンの混乱、渡航規制を通じて世界経済に大きな打撃になるとの懸念が高まっていた。会議予定が伝わった後に米国株は急反発。S&P500種株価指数は日中高値に上昇した。

How the Coronavirus Can Hit Global Supply Chains

Share of all imports of intermediate manufacturing products from China

Source: OECD TiVA, Bloomberg Economics

  フランスのルメール経済・財政相は2日、G7財務相が効果的に対応するには「可能な限り協調した」姿勢が不可欠だと指摘した。

  経済政策当局者の会合にも新型ウイルスの影響が出始めている。国際通貨基金(IMF)と世界銀行は4月中旬にワシントンで予定する春季会合について、集会型イベントの中止を真剣に検討中。決定は今週明らかにされる見通しだとした。米財務省は、4月13-15日にフィラデルフィアで開催予定のG7財務相会議が中止となった場合の対応案の策定に入っていると、関係者が明らかにした。

原題:G-7 Finance Chiefs, Central Bankers Plan Virus Call Tuesday (2)(抜粋)  

(第2・4段落に株式市場の反応などを追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE