, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

HIS:今期11億円の最終赤字予想に転落、新型コロナ影響で

更新日時

旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)は2日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響が見込まれることなどから、今期(2020年10月期)の純損益が11億円の赤字に転落する見通しだと発表した。

  同社は従来110億円の黒字と予想していた。ブルームバーグがアナリスト10人の予想を基に集計した純損益見通しの平均は116億円の黒字だった。従来193億円としていた営業利益予想を17億円に、売上高予想(従来9000億円)を7750億円に減額した。

  HISの発表によると、業績予想を下方修正した背景には旅行事業やハウステンボスグループ・ホテル事業に対する新型肺炎の感染拡大の影響が7月まで続くと見込んでいることがある。このほか、入場料金を値下げしたハウステンボスで入場者数の改善につながっていないことも業績を圧迫すると明らかにした。

  ハウステンボスグループでは2月29日から3月15日までテーマパークの臨時休園を決定しているが、この影響は現在算定中で今回の業績予想には反映していない。算定が終わり次第開示する予定だという。

(情報を追加して記事を更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE