コンテンツにスキップする

中国、HNAの公的管理に着手-ウイルス問題の企業への波及阻止図る

  • 海南省政府が執行会長を指名し、省当局者から成る作業部会を設置
  • かつてドイツ銀の筆頭株主だったHNA、旅行部門に大打撃

中国が債務に苦しむ複合企業、海航集団(HNAグループ)の公的管理に着手した。かつて事業を急拡大した同社がまだ保有する資産の売却加速に道を開くことなる。新型コロナウイルス感染拡大に伴い、HNAの旅行部門は大きな打撃を被っていた。

  海南省を本拠とするHNAは2月29日、同省政府が執行会長を指名し、省当局者から成る作業部会を設置したと発表

  事情に詳しい関係者によれば、この発表は海南省政府がHNAの流動性リスク管理引き受けを進め、同社の意思決定を中国が引き継ぐという宣言に等しい。同省はHNAのバランスシートを検証し、同社の資産売却と債務返済を進めるやり方をまとめるという。非公開情報だとして匿名を条件に語った。

Fewer People Are Travelling

Chinese took 1.5 billion trips this New Year period, 50% fewer than in 2019

Source: Ministry of Transport, media reports, Bloomberg calculations

* Feb. 18, 2020

  HNAは2017年終盤から財務面で苦境に陥っていたが、新型ウイルス流行で同社の旅行部門は壊滅的状況となっており、中国当局は公的な介入がなければHNAの破綻は免れないと判断したと関係者は説明している。

  かつてヒルトン・ワールドワイド・ホールディングスドイツ銀行の筆頭株主となったこともあるHNAの公的救済は、約750億ドル(約8兆1000億円)に上る債務の返済能力を巡る投資家の懸念を和らげるとみられる。すでに世界経済を脅かしつつある新型ウイルス問題の企業への波及阻止を図る中国政府は最大級の対応を打ち出した。

Cash Is Running Out

HNA's cash falls to multiyear low

Source: Bloomberg

原題:
China Takes Charge of HNA, Paving Way for Hastened Asset Sales(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE