, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

中国の習国家主席の来日延期へ、新型ウイルスの感染拡大でー報道

習近平国家主席

習近平国家主席

Photographer: Xinhua News Agency/Xinhua News Agency

日中両政府が、4月上旬で調整してきた中国の習近平国家主席の国賓としての来日について、延期する検討を進めていることが分かったと、1日付の産経新聞朝刊が報じた。新型コロナウイルスの感染拡大が両国の国民生活に大きな影響を及ぼしていることを考慮し、来日の環境は整っていないと判断したという。

  報道によると、習氏の来日時期は事態の推移を見ながら改めて調整するものの、東京五輪・パラリンピック後の秋以降が有力という。

  産経新聞は、感染拡大を受けて中国は全国人民代表大会(全人代)の延期を決定しており、終息時期が見通せない中で外遊に出かければ国内で批判を受ける可能性がある上、来日準備作業に大きな遅れが生じていたと報じた。

  同紙によれば、安倍晋三首相は2月28日に中国の外交担当トップと面会した際、「習主席の国賓訪問は日中両国関係にとり極めて重要だ。十分な成果をあげるために入念な準備を行わなければならない」と述べ、来日時期より成果を重視する考えを強調していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE