コンテンツにスキップする

【NY外為】円上昇、ドル下落-ウイルス懸念の中で3月米利下げ観測

28日のニューヨーク外国為替市場ではドルが下落し、円が上昇。新型コロナウイルスへの懸念が広がる中、3月の米利下げ観測があらためて強まったことが材料となった。

  • ニューヨーク時間午後4時59分現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%低下。一時は0.3%上昇していた。円は主要10通貨の中で特に値上がりが目立った。オーストラリア・ドルとニュージーランド・ドルは軟調だった
    • ブルームバーグ商品指数は大幅低下。月末のリバランス需要で、ドルは堅調さを示す場面もあった
  • 米10年債利回りは一時1.143%と、過去最低を更新。2年債利回りは7営業日連続で低下。米金融当局が3月に金利を引き下げるとの観測が強まり、22ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の0.8459%まで下げる場面があった
  • パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長が「米経済のファンダメンタルズは依然強い」としつつ、金融当局は必要に応じて「適切に行動する」との声明を発表した後、ドルは下落
  • セントルイス連銀のブラード総裁は、新型ウイルスがパンデミック(世界的大流行)に発展した場合は追加利下げが可能性の一つとしてあるが、現段階では基本シナリオではないと発言
  • 世界保健機関(WHO)は新型コロナウイルスが世界に及ぼすリスクは「非常に高い」とし、従来の「高い」から判断を引き上げた
  • ドルは対円で続落。この日は1.4%安の1ドル=108円11銭
    • 円は週間では対ドルで3.2%高と、2016年7月以来の大きな上昇率
  • ユーロは対ドルで0.2%高の1ユーロ=1.1026ドル
    • 欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバーのバイトマン・ドイツ連邦銀行総裁は、新型コロナウイルスの影響でドイツを含めユーロ圏の経済成長率はほぼ間違いなく押し下げられるだろうが、ECBが金融政策を緩和する必要はないとの見解を示した

原題:
Dollar Drops After Powell Says Fed Poised to Act: Inside G-10(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE