コンテンツにスキップする

FRB議長、ウイルス注視し「適切に行動」と表明-利下げの可能性示唆

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は、新型コロナウイルスのリスクが変質しながら米経済成長を脅かすとして、成長を支えるため必要に応じて政策金利を引き下げる用意があることを示唆した。

  議長は28日午後、金融市場での通常取引終了前に声明を発表。米国株はこの日も下げ、7営業日続落。ウォール街の金融機関からは近い将来の利下げを求める声が出ている。安全資産の代表格である米国債の利回りは、この日も過去最低を更新した。

Fed Chair Powell Testifies Before The Senate Banking Committee

パウエルFRB議長

  パウエル議長は声明で「米経済のファンダメンタルズは依然強い」としつつ、「経済活動に対する新型コロナウイルスのリスクは変質しつつある。金融当局は今後の展開と経済見通しへの影響を注視している。われわれは経済を支えるための手段を活用し、適切に行動する」と表明した。

原題:
Powell Says Monitoring Virus, Will Use Tools, Act as Appropriate(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE