コンテンツにスキップする

LIBORが2008年以来の大幅低下、米利下げ観測の高まり反映

世界で最も重要な借り入れ指標の一つであるロンドン銀行間取引金利(LIBOR)が28日、日中ベースとしては過去10年余りで最大の下げを記録した。

  3カ月物LIBORは11.8ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.46275%。1日の下げ幅としては世界金融危機のさなかにあった2008年12月以来の大きさ。こうした動きは、新型コロナウイルスの経済的影響への対応として米金融当局が一段と積極的なペースで緩和を進めるとの見方を市場が織り込みつつあることを反映している。

  フェデラルファンド(FF)金利先物の動向によると、年内86bpの利下げが織り込まれている。これは標準的な0.25ポイントの利下げ3回分余りに相当し、早ければ3月の初回利下げがほぼ完全に織り込まれている。1週間前に市場が織り込んでいた年末までの利下げ確率はわずか48bpだったが、今週になってウイルスへの懸念で世界的な株売りとなり、逃避先資産に飛び付く動きが強まったことから、利下げ観測が高まった。

原題:
Libor Plunges Most Since 2008 After Virus Spurs Bets on Fed Cuts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE