コンテンツにスキップする

スターバックス、新型ウイルスの影響薄れるー中国店舗の85%が営業

Customers at a Shanghai Starbucks on Feb. 24, 2018.
Customers at a Shanghai Starbucks on Feb. 24, 2018. Photographer: Zhang Peng
Customers at a Shanghai Starbucks on Feb. 24, 2018.
Photographer: Zhang Peng

スターバックスは先月、新型コロナウイルス感染拡大のため中国の幅広い地域で店舗の休業を余儀なくされていたが、今では営業再開を進めている。

  ケビン・ジョンソン最高経営責任者(CEO)はウェブサイトに掲載したメッセージで、「中国では新たな感染者数の伸びが減速し、回復の初期兆候が見られている。その結果、同国の主要地域では全域にわたり状況が改善しつつある」と指摘。 現在、中国の4292店舗のうち85%が店を開けていると同氏は説明した。

  ジョンソンCEOは今後はさらに状況が回復する地域が増え、「時間とともに」店舗に客足が戻るとの見通しを示した。

原題:
Starbucks Says Viral Impact Waning; 85% of China Stores Now Open(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE