, コンテンツにスキップする
SUBSCRIBER ONLY

米サンガモ株急伸、遺伝子治療薬の開発でバイオジェンと提携

  • アルツハイマー病やパーキンソン病など脳や中枢神経系の疾患が対象
  • バイオジェンはサンガモ株を27日終値を35%超上回る価格で取得へ

医薬品開発を手掛ける米サンガモ・セラピューティクスは同業の米バイオジェンと、アルツハイマー病やパーキンソン病など脳や中枢神経系の疾患向け遺伝子治療薬の開発で提携した。

  27日の発表によると、サンガモはライセンス料として1億2500万ドル(約140億円)、バイオジェンへの新株売却で2億2500万ドルをそれぞれ受け取る。バイオジェンはサンガモの新株を1株9.21ドルと、27日終値を35%余り上回る価格で約2400万株を購入する計画で、これによりサンガモの筆頭株主となる。

  またサンガモは、他の開発や商業上などのマイルストンで最大23億7000万ドルを得る可能性がある。今回の提携で開発した製品が商品化された場合はロイヤルティーも支払われる見通しで、料率は1桁台後半から10%台前半程度になるとみられる。

  発表を受け、サンガモ株は通常取引後の時間外取引で一時46%余り上昇した。提携に関する手続きの完了は反トラスト法(独占禁止法)当局の承認次第となるが、今年半ばまでに実現する見込み。

  

Shares spike more than 40% after entering Biogen pact

原題:
Sangamo Surges After Inking Gene Therapy Deal With Biogen (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE