コンテンツにスキップする

欧州株が調整局面入り、新型ウイルスで企業が相次ぎ業績悪化を警告

  • ストックス欧州600は一時3.5%安、先週の最高値から10%下落
  • スタンダードチャータードやアンハイザー・ブッシュも警戒感示す

27日の欧州株は下げ幅を拡大。代表的な株価指数のストックス欧州600は先週付けた最高値から下げが10%に達し、調整局面入りの領域に入った。多くの企業が新型コロナウイルスによる業績悪化を警告しているほか、中国以外でウイルス感染報告が増加していることが背景だ。

  ストックス欧州600は一時、前日比3.5%安。新たにビール大手アンハイザー・ブッシュ(AB)インベブや英銀スタンダードチャータードが新型ウイルスの業績への影響について警戒感を示した。

原題:
European Stocks Slump, Entering Correction Amid Virus Warnings(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE