コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル上昇、円よりも逃避先としての魅力高いとの声

更新日時

26日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが上昇。新型コロナウイルス感染拡大への懸念が強まる中、月末の調整や企業関連のフローに支えられた。スイス・フランはほぼ変わらず。スイス国立銀行(中央銀行)は景気下支えに向け介入する用意があると、当局者が述べた。

  • 主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%高。ドルは主要10通貨に対してほぼ全面高。一方、新興国通貨は下落
    • 米食品医薬品局(FDA)高官は新型ウイルスについて、パンデミック(世界的な大流行)に向かいつつあるとの認識を示した
    • ニューヨーク市近郊のナッソー郡当局者は、ウイルスに感染している可能性がある83人の経過を観察していると明らかにした
    • トランプ米大統領はウイルス感染拡大を回避する取り組みについて、26日夕に記者会見を予定
  • バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNYメロン)の外為・マクロストラテジスト、ジョン・ベリス氏:
    • 短期的にはドルと円が最大の逃避先としての立場を競って譲らない状態にあるが、新型ウイルスが日本経済を脅かすことを踏まえれば、逃避先としての円の妙味は限定される可能性も
    • 日本は貿易や観光業を通じてウイルスの影響を受けやすい。東京五輪の開催に支障が出れば、「円の上値は抑えられ、少なくとも逃避先通貨としてのドルの魅力は維持されるだろう」
  • ドイツのシュパーン保健相は同国では「新型コロナウイルスの流行が始まった段階」にあるとし、感染の連鎖をすべて追跡調査するのはもはや不可能になったとの考えを示した
  • ニューヨーク時間午後4時52分現在、ドルは対円で0.2%高の1ドル=110円46銭
  • ユーロは対ドルでほぼ変わらずの1ユーロ=1.0880ドル。ユーロは対フランで0.1%高

原題:USD Climbs, CHF Muted on SNB Intervention Concerns: Inside G-10(抜粋)

Dollar’s Haven Appeal Stronger Given Yen’s Virus Proximity: BONY(抜粋)

(相場を更新し、コメントを追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE