コンテンツにスキップする

「どう見てもパンデミックの瀬戸際」-米FDA高官が警告

世界中に広がり、米国でも症例が増えつつある新型コロナウイルス感染について、米食品医薬品局(FDA)高官はパンデミック(世界的な大流行)に向かいつつあるとの認識を示し、警戒感を強くにじませた。

Peter Marks

ピーター・マークス氏

  FDAの生物製剤評価研究センター(CBER)所長であるピーター・マークス氏はインタビューで、「どう見てもパンデミックの瀬戸際にあると言っていいだろう」と発言。「それが間違いなく起きるかと言えばノーだが、重大な懸念がある」と述べた。

  同氏は「米疾病対策センター(CDC)幹部の25日の話から分かるように、CDCは起こり得る事態に備えている」と指摘。「FDAの見地からすれば、われわれの目標は可能な限り秩序立った状況を維持し、サプライチェーン内の適切な量の供給維持に努めることだ」と語った。

原題:
FDA Official Warns Coronavirus on Path to Becoming Pandemic(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE