コンテンツにスキップする
Subscriber Only

新型ウイルスがパンデミック化なら-世界経済へのコストを試算

新型コロナウイルスがグローバル化時代最初の深刻なパンデミック(感染症の世界的大流行)となりかねない情勢は、世界経済の安定にあらためて疑問を投げ掛けている。

  死者数が3000人に近づき感染報告が8万件を超え、イタリアは経済の中枢となる地域を事実上封鎖。こうした中でエコノミストらは、とどまるところを知らない感染拡大が世界の成長に与える影響を試算し始めている。

 

Coronavirus Outbreak Spooks Europe

イタリア、ミラノの地下鉄駅(2月24日)

写真家:フランチェスカ・ボルピ/ブルームバーグ

  オックスフォード・エコノミクスは、国際的な健康被害が世界の総生産を1兆ドル(約110兆円)余り吹き飛ばし得るとみている。これは労働者が仕事を休む日数の急増や生産性の低下、旅行需要の減退、サプライチェーン混乱、貿易と投資の減少を合わせた影響だ。

S&P 500 tumbles as coronavirus fears heighten
Key Speakers At The NABE Annual Meeting

ギータ・ゴピナート氏

写真家:メリッサ・リトル/ブルームバーグ

  国際通貨基金(IMF)は現在、3.3%と予想している今年の世界成長率が、ウイルス感染によって0.1ポイントのみ押し下げられると見積もっている。しかし、チーフエコノミストのギータ・ゴピナート氏はヤフー・ファイナンスとのインタビューで、パンデミックが宣言されれば「本格的な下振れと深刻なシナリオ」のリスクがあると述べた。

  世界保健機関(WHO)はまだパンデミックを宣言していないが、感染は韓国、イラン、イタリアで急拡大している。

Economic Engine

Northern regions produce a large share of Italy’s GDP

Source: Istat

  UBSグループのアクセル・ウェーバー会長は既にIMFよりもはるかに悲観的で、世界の成長率が3.5%から0.5%に大幅低下し、1-3月(第1四半期)に中国経済がマイナス成長になると警告している。

  オックスフォード・エコノミクスが想定するのは、新型コロナウイルス感染がパンデミックとなった場合、世界の生産が1兆1000億ドル減少し、米国とユーロ圏の両方が2020年上期にリセッション(景気後退)に陥るシナリオだ。

Global GDP

原題:Economists War-Game Pandemic Threat to Global Growth (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE