コンテンツにスキップする

モデルナ株急騰、新型ウイルスワクチンを米第1相試験向けに出荷

  • 出荷先は米NIH傘下の国立アレルギー感染症研究所
  • 試験の準備は4月下旬までに整う可能性とファウチ所長が1月に指摘

米バイオテクノロジー会社モデルナは、新型コロナウイルスの遺伝子構造が初めて解析されてから2カ月足らずで同社初のワクチンをヒトに投与する試験向けに出荷した。これを受け、25日の米株式市場で同社の株価は急騰した。

  開発中のワクチンは第1相試験向けに米国立衛生研究所(NIH)傘下の国立アレルギー感染症研究所(NIAID)に送られた。NIAIDのアンソニー・ファウチ所長は1月、同研究所がモデルナのワクチンを試験する準備は4月下旬までに整うのではないかと説明していた。

  モデルナの株価は一時43%上昇。終値は28%高の23.76ドルだった。

Moderna set to return to levels not seen since cash raise

原題:
Moderna Rallies on Quick Coronavirus Vaccine Turnaround(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE