コンテンツにスキップする

アップル 、過半数の中国国内店舗で営業再開-大半が時短

  • アップルの一部店舗は8時間未満で営業する予定
  • 残りの店舗の営業再開時期、アップルは明らかにせず

アップルは中国国内の小売店42店舗のうち、過半数の29店舗で営業を再開した。新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ売り上げの回復を目指す。

  アップルの小売りウェブサイトによれば、24日時点で営業再開した29店舗の大半がまだ時短営業となっている。地域によって異なるものの、通常の営業時間は12時間だが、一部店舗は8時間未満で営業する予定。

  アップルは残りの店舗の営業再開時期を明らかにしていない。ただ、一部の店舗サイトは早ければ今週末に通常の営業に戻るとしている。

Hangzhou In Lockdown As Virus Impact Hits Economy

閉鎖中のアップル店舗(中国・杭州、2月11日)

写真家:Qilai Shen / Bloomberg

原題:
Apple Reopens More Than Half of its Retail Stores in China(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE