コンテンツにスキップする

日本株は全面安、ウイルス感染拡大でリスク回避-東証1部の99%下落

更新日時
  • 欧州や中東でも感染広がる、円は1ドル=110円台後半に上昇
  • 米10年債利回り過去最低に接近、東証1部値下がり銘柄数は2129
A security guard wears a protective mask as he stands in a nearly empty shopping mall on February 22, 2020 in Beijing.
A security guard wears a protective mask as he stands in a nearly empty shopping mall on February 22, 2020 in Beijing. Photographer: Kevin Frayer/Getty Images
A security guard wears a protective mask as he stands in a nearly empty shopping mall on February 22, 2020 in Beijing.
Photographer: Kevin Frayer/Getty Images

25日の東京株式相場は大幅に下落し、TOPIXと日経平均株価の下落率は2018年12月以来の大きさとなった。新型コロナウイルスの感染が欧米や中東を含めてさらに広がり、世界経済への影響が不安視された。輸送用機器など輸出関連、鉄鋼など素材、医薬品中心に東証1部銘柄の99%が値下がり。

  • TOPIXの終値は前営業日比55.74ポイント(3.3%)安の1618.26-昨年10月11日以来の安値
  • 日経平均株価は同781円33銭(3.3%)安の2万2605円41銭-昨年10月21日以来の安値

〈きょうのポイント〉

  • 中国以外でも新型ウイルス感染拡大-WHOはパンデミック準備訴え
  • 24日の米国株は急落、ダウは1000ドル超下落
  • 米10年債利回りは急低下、一時1.35%と16年7月の過去最低に接近
  • 2月の米IHSマークイット総合PMIは3.7ポイント低下し49.6-13年以降で初めて活動縮小示す
  • 中国人民銀、金融政策の柔軟性維持-ウイルス対策で新たな措置も検討
  • アジア時間25日の米株価指数先物は大幅高
Italy's Rich Northern Regions in Lockdown as Coronavirus Spreads

感染が拡大したイタリア・ミラノを走るトラム(24日)

  りそな銀行信託財産運用部の黒瀬浩一チーフ・ストラテジストは「日本、韓国、イタリアで感染が拡大し、どこまでグローバルに広がるかという新型ウイルスで2度目のリスクオフ局面」と述べた。

  TOPIXと日経平均は取引開始直後に4%超下落。東証1部の値下がり銘柄数は2129と値上がり26を大きく上回り、売買代金は3兆3100億円と19年12月13日以来の高水準。野村証券投資情報部の伊藤高志エクイティ・マーケット・ストラテジストは日本企業の1-3月期業績について「しばらく回復期待は持てなさそう」とみており、「株価は不安定な状況が続きそうだ」と言う。

  りそな銀の黒瀬氏は米インフルエンザ患者の中の新型ウイルス感染者数が今後のポイントと指摘。「懸念されているほど感染者が潜在的に広がっているとは想定しづらい。新型ウイルスに対する市場の過度の恐れには疑問も残る」と話した。

東証1部売買代金は3兆3100億円
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE