コンテンツにスキップする
Subscriber Only

バフェット氏のバークシャー、10-12月自社株買いが過去最高22億ドル

  • バークシャーの手元現金は1280億ドルと過去最高近くにとどまる
  • 10-12月は23%営業減益-日本の台風や米豪山火事で再保険引受損失

ウォーレン・バフェット氏は、自身が率いる米保険・投資会社バークシャー・ハサウェイの自社株買いプログラムを加速させており、2019年10-12月(第4四半期)に四半期としては過去最高の22億ドル(約2450億円)を同社株購入に投じた。同氏はさらに購入を拡大する意向だ。

  バフェット氏は10-12月期に毎月バークシャー株を購入し、価格が適切であれば減速させるつもりはない。

  「少なくとも2000万ドル相当のA株またはB株を保有し、バークシャーに株を売る意欲がある株主は、バークシャーのマーク・ミラード氏に連絡するようブローカーに指示してほしい」とバフェット氏は22日の株主宛て年次書簡で呼び掛けた。

Key Speakers At The Goldman Sachs 10,000 Small Businesses Summit

バフェット氏

  バフェット氏が自社株買いを強化しているにもかかわらず、 バークシャーの手元現金は過去最高近くにとどまり、19年末時点で1280億ドルとなった。

  バークシャーは株主宛て書簡と共に19年の年次報告書を発表。10-12月期の営業利益は前年同期比23%減の44億2000万ドル。日本の台風や米カリフォルニア州とオーストラリアの山火事などの打撃を受けた再保険グループの引受損失が響いた。

原題:
Buffett Spends Record $2.2 Billion Buying Berkshire Shares (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE