コンテンツにスキップする

黒田総裁、新型ウイルスへの対応に日銀は「万全を期す」-G20で会見

日本銀行の黒田東彦総裁は、新型コロナウイルスが日本経済に及ぼす影響への対応が求められる場合には、日銀として必要な措置をとれるよう「万全を期していきたい」と述べた。

  黒田総裁は23日、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が開かれたサウジアラビアの首都リヤドで記者会見し、「新型コロナウイルスがわが国の経済や物価、金融市場に与える影響等については、最大限の注意を払っていく必要がある」と発言。「今回のG20をはじめ、さまざまな国際会議に出席しながらしっかり情報収集を行って、必要な時に必要な措置がとれるよう万全を期していきたい」と語った。

  日本経済の回復に大きな遅れが生じるとは今のところ予想していないとも言明。「現時点で金政策面の対応については具体的に議論する段階にはない」とした上で、「これまで言っているように、必要であればちゅうちょなく必要な措置を講じる考えだ」と述べた。

  同日採択されたG20財務相・中銀総裁会議の声明文では、新型肺炎も含めたグローバル経済のリスク監視を強化し、これらのリスクに対するさらなる行動をとる用意があるとした。

原題:Kuroda Says Bank of Japan Will Be Prepared to Act on Coronavirus(抜粋)

    Information from person familiar with the matter, who is not authorized to speak publicly and asked not to be identified.
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE