コンテンツにスキップする

米銀ウェルズ・ファーゴ、3300億円支払いで訴追回避-不正行為巡り

  • 米司法省と訴追延期合意を締結-SECとも和解
  • 昨年計上した引当金の範囲内-時間外取引で株価上昇

米銀ウェルズ・ファーゴで2002年から16年まで顧客に無断で口座が開設されるなど不正行為が行われていた問題を決着させるため、同行は30億ドル(約3300億円)を支払うことで米当局と合意した。

  21日の発表によると、同行は司法省と訴追延期合意(DPA)を締結。これにより刑事訴追を回避した。米証券取引委員会(SEC)が起こしていた民事訴訟も決着させた。

  一連の不祥事を巡ってウェルズ・ファーゴがこれまで支払った金額では最高となったが、同行が法的問題の和解に備えて19年後半に計上した30億ドル強の引当金の範囲内となった。発表後、同行の株価は時間外取引で一時約1%上昇した。

原題:
Wells Fargo Pays $3 Billion, Avoids Prosecution Over Abuses (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE