コンテンツにスキップする

フランス格付け見通し、「安定的」に変更-ムーディーズ

  • 従来の見通しは「ポジティブ」-格付けは「Aa2」に据え置き
  • 財政の数値の改善が予想されたほど大きくないと指摘

米ムーディーズ・インベスターズ・サービスは21日、フランスの信用格付け見通しを「ポジティブ(強含み)」から「安定的」に変更した。格上げはしばらくなくなったことになる。長期発行体および優先無担保債の格付けは「Aa2」に据え置いた。

  見通しの変更は財政の数値の改善が予想されたほど大きくないためだと説明。「フランス政府は医療費や地方自治体運営費の増加の抑制など、支出の伸び縮小に寄与する幾つかの措置の実施した。しかしムーディーズの見地からすると、それだけでは公的債務比率の持続的かつ明白な低下基調をつくり出すのに不十分だ」と指摘した。

原題:
France Credit Rating Upgrade Off the Agenda for Now at Moody’s(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE