コンテンツにスキップする

2月21日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎NY外為:ドル下落、米企業活動の縮小示す指数を嫌気-円は反発

  21日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが主要10通貨の全てに対し下落。米企業の活動縮小を示す経済指標が示され、新型ウイルスが米経済への逆風となりつつある兆候と受け止められた。円は前日の10カ月ぶり安値から持ち直したが、週間ベースでは2018年以来最大の下げとなった。

  • ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.4%低下
    • 早い時間には4カ月ぶり高水準となっていた
    • ドルは幅広い通貨に対し売られたが、特にスウェーデン・クローナとポンドに対しての下げがきつかった。ニュージーランド・ドルとオーストラリア・ドルは米ドルに対し今週初めての上昇
  • 金や米国債といった安全資産が大幅上昇。米マークイット総合購買担当者指数(PMI)が活動の縮小を示した後、10年債利回りは昨年9月以来最低の水準、30年債利回りは過去最低となった
    • IHSマークイットが発表した2月の米総合PMI速報値は前月比3.7ポイント低下し49.6と、13年10月以来の低水準。ウイルス流行でサプライチェーンが打撃を受け、企業が発注を控えたことが影響
  • ニューヨーク時間午後4時30分現在、ユーロはドルに対して0.6%高の1ユーロ=1.0849ドル
    • ユーロは米国時間に上げ幅を拡大。2月のユーロ圏の総合PMIが予想に反して経済活動拡大ペース加速を示したことで騰勢が増した。ただアナリストは、ウイルスの影響を巡る「嵐の前の静けさ」が数値に反映されていた可能性があると注意を促した
  • ドルは対円で0.5%安の1ドル=111円59銭

    • ドルは週間ベースで1.7%高、2018年7月以来の大幅上昇
    • 黒田日銀総裁は新型肺炎に言及。日銀は必要があればためらわず対応するが、まだそうした段階ではないと述べた
  • ポンドはドルに対し0.6%高の1ポンド=1.2959ドル。ただ週間ベースでは下げた

原題:Dollar Drops as Business Gauge Slumps; Yen Rises: Inside G-10(抜粋)

◎米国株・国債・商品:株が大幅安、ウイルス懸念再燃で逃避の動き

  21日の米金融市場では株が大幅安となった一方、金は大きく上昇。国債利回りは低下した。新型コロナウイルスの感染が中国以外で拡大する中、経済への影響を巡る懸念が再燃した。

  • 米国株は大幅安、ウイルス懸念が再燃-テクノロジー安い
  • 米国債は上昇、30年債利回りは過去最低に低下
  • NY原油は下落、ウイルス感染拡大で影響を懸念
  • NY金は7営業日続伸、ウイルス懸念で逃避需要

  この日は特にテクノロジー株が大きく売られ、ナスダック100指数は2%近く下落。S&P500種株価指数は週間でも下落した。米国債市場では30年債利回りが過去最低に低下。朝方発表された米企業活動の指数は、2013年以降初めて縮小圏に低下。新型ウイルス流行でサプライチェーンが打撃を受け、企業が発注を控えたことが影響した。

  MUFGユニオンバンクのチーフ金融エコノミスト、クリス・ラプキー氏は「投資家は突如として不安に駆られ、出口に殺到している」と指摘。「国債利回りと株価は再び同方向の動きとなった。今年の経済見通しは多くが考えていたほど良好ではないと、市場はみているようだ」と述べた。

  S&P500種株価指数は前日比1.1%安の3337.75。ダウ工業株30種平均は227.57ドル(0.8%)下げて28992.41ドル。ナスダック総合指数は1.8%下落。ニューヨーク時間午後4時55分現在、米10年債利回りは4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下し1.48%。30年債利回りは4bp下げて1.92%。

  ニューヨーク原油先物相場は下落。新型ウイルスの感染例が中国以外でも増えており、経済への影響に対する懸念が強まった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物4月限は50セント(0.9%)安い1バレル=53.38ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント4月限は81セント安の58.50ドル。

  ニューヨーク金先物相場は7営業日続伸。新型ウイルスの流行が世界の成長に悪影響を与えるとの懸念が強まった。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は28.30ドル高い1オンス=1648.80ドルで終了。中心限月の終値としては2013年2月半ば以来の高値。

原題:Stocks Post Weekly Decline Amid Hunt for Safety: Markets Wrap(抜粋)

Oil Stumbles on Renewed Fears of Virus Intensifying Beyond China

Gold’s ‘Cold Blooded’ Gain Shows Virus-Induced Rush Into Havens

◎欧州債:ユーロ圏長期債がアウトパフォーム、英国債はブルフラット

  21日の欧州債市場でドイツ債がほぼ変わらず。新型コロナウイルスを巡る懸念でドイツ債は逃避需要を集めていたが、同国の製造業統計が市場予想を上回ると失速した。

  • ドイツ債は長期債がアウトパフォームした。30年債利回りは一時4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)下げて0.01%だった
  • イタリア債はほぼ変わらず。周辺国債が中核国債、準中核国債のパフォーマンスを下回った
  • 英国債はブルフラット化。30年債利回りは6bp下げて0.99%と、10月10日以来の低水準となった
  • ドイツ10年債利回りはマイナス0.44%で変わらず、英10年債利回りは1bp下げて0.57%、イタリア10年債利回りは変わらず0.91%
  • ユーロ参加国の国債利回りとスプレッドの一覧はこちらをクリックしてください

原題:Euro-Area Long-End Bonds Outperform: End-of-Day Curves, Spreads(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE