コンテンツにスキップする

ユーロ圏、2月経済活動が予想外の加速-ウイルス脅威もサービス堅調

  • 総合PMIは51.6に上昇、6カ月ぶり高水準
  • 製造業はなお縮小示す水準も前月からは改善

ユーロ圏全体の2月の経済活動は市場予想に反して前月から拡大ペースが加速した。新型コロナウイルスの感染拡大などが製造業に難題を突き付ける一方、サービス業は底堅さを見せた。

  IHSマークイットが21日発表した2月のユーロ圏総合購買担当者指数(PMI)は51.6と、前月の51.3から上昇し、6カ月ぶりの高水準となった。エコノミスト予想は51への低下が見込まれていた。同指数は50が拡大と縮小の境目。

  欧州中央銀行(ECB)のデギンドス副総裁は前日、比較的力強い域内の労働市場と超低金利が経済成長を支えているとの見解を示していた。

Euro-area economic activity unexpectedly accelerates

  IHSマークイットのチーフビジネス・エコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は「拡大をけん引しているのはサービス業の底堅さだ」と述べ、「製造業も、1年以上にわたり生産業者を悩ませてきた低迷から脱却しつつある前向きな兆候を示している」と指摘した。

  2月の域内サービス業PMIは52.8と、前月の52.5から上昇。製造業PMIは49.1と引き続き縮小したが、前月の47.9から改善した。

原題:Euro-Zone Economy Shows Coronavirus Resilience on Service Demand(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE