コンテンツにスキップする

株式相場は調整リスク高い、ウイルスの影響を過小評価-ゴールドマン

Monitors display stock market information outside of Morgan Stanley global headquarters in New York, U.S., on Monday, Oct. 14, 2019. Morgan Stanley is scheduled to release earnings figures on October 17.
Monitors display stock market information outside of Morgan Stanley global headquarters in New York, U.S., on Monday, Oct. 14, 2019. Morgan Stanley is scheduled to release earnings figures on October 17. Photographer: Michael Nagle/Bloomberg
Monitors display stock market information outside of Morgan Stanley global headquarters in New York, U.S., on Monday, Oct. 14, 2019. Morgan Stanley is scheduled to release earnings figures on October 17.
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

投資家は新型コロナウイルスが企業業績に及ぼす悪影響を過小評価している可能性があり、それが株価上昇の脅威になっていると、ゴールドマン・サックス・グループのピーター・オッペンハイマー世界株式チーフストラテジストが指摘した。

  新型ウイルスを巡る懸念が引き金となり、1月は世界的な株売りとなったが、下落は長続きしなかった。ウイルス流行の影響は限定され、中国が景気支援を強化するとの楽観を背景に、世界の株式は最高値付近で取引されている。油断は禁物だと、オッペンハイマー氏は警告している。

  「株式相場は収益の短期的な下振れに見舞われつつあるようだ」と、同氏は19日付リポートで指摘。「持続的な弱気相場の可能性は低いようだが、短期的な調整が入る可能性ははるかに高そうだ」と続けた。

Both U.S. and European stock benchmarks rise to record highs despite virus fears

  オッペンハイマー氏によれば、10年あるいは20年前と比べ、中国の需要軟化の「波及効果」は地域や世界経済にとって「劇的に重要」となっており、観光だけでも世界の国内総生産(GDP)の0.4%を占めている。

原題:
Goldman Sees High Risk of Stock Correction on Virus Complacency(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE