コンテンツにスキップする

米住宅着工、1月に堅調維持-許可件数は急増し07年以来の高水準

更新日時

1月の米住宅着工件数は勢いを保ち、許可件数は大幅に増加して2007年以来の高水準となった。低い住宅ローン金利と堅調な労働市場が住宅需要を引き続き喚起していることが示唆された。

キーポイント
  • 住宅着工件数(季節調整済み、年率換算)は前月比3.6%減の157万戸
    • ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は143万戸
    • 前月は163万戸(速報値161万戸)に上方修正
  • 着工件数の先行指標となる住宅着工許可件数は9.2%増の155万件
    • 2007年3月以来の高水準
U.S. applications to build homes surge, while builders stay busy with new starts

インサイト

  • 着工件数は前月比で減少したものの、今回の統計は設備投資が低調な中で、住宅市場が引き続き米経済の明るい側面であることを示唆。許可件数の力強い拡大傾向と合わせて考えると、進行中および計画されている住宅建設が、不十分な物件供給という問題を和らげるとみられる
  • 12月と1月の統計はいずれも、平年より気温が高いことに支えられた公算が大きい
  • 一戸建て住宅では、着工件数が5.9%減の101万戸。許可件数は98万7000件と、こちらも07年以来の高水準
  • 変動の大きい集合住宅では、着工件数が0.7%増えて1986年以来の高水準。許可件数が14.6%増の56万4000件
  • 住宅着工は、地域別で見ると南部と中西部で減少。北東部は2015年6月以来、西部は06年末以来の高水準にそれぞれ増加した

統計の詳細は表をご覧ください。

原題:U.S. Home-Building Permits Rise to Highest Since 2007 (2)(抜粋)、U.S. Jan. Housing Starts Fell to 1,567k Annualized; Est. 1,428k

(統計の詳細を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE