コンテンツにスキップする

ドイツZEW期待指数:2月は急低下、新型ウイルスのリスクを懸念

ドイツの欧州経済研究センター(ZEW)がまとめた指数によると、独企業の景気見通しは2月に再び悪化した。中国で始まった新型コロナウイルス感染の拡大が世界貿易の障害となるとの懸念が広がっている。

  18日の発表によると、今後6カ月間の見通しを示す期待指数は8.7と、ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想での最低値も下回った。1年以上にわたり低迷している製造業の回復への期待が後退したことがうかがわれる。

Investor confidence in German economic outlook plunges

  ZEWのバンバッハ所長は、「今のところ景気動向はかなり脆弱(ぜいじゃく)だ」とした上で、新型ウイルスの感染拡大の結果として、輸出への依存が大きいセクターの見通しが「特に急激に」落ち込んだと指摘した。

原題:German Investor Confidence Plunges Amid Coronavirus Risks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE