コンテンツにスキップする

クルーズ船「ウエステルダム」乗客の帰国で対応急ぐ-世界の衛生当局

  • 下船した米国人女性1人の感染判明で衝撃広がる
  • 乗客の出身国・地域は41、米国人が最も多かった

香港を出港した後、新型コロナウイルス感染者が乗船している可能性があるとして日本などから入港を拒否され、現在はカンボジアの港に停泊中のクルーズ船「ウエステルダム号」の一部乗客らは帰国の途に就いている。しかし下船した米国人女性1人の感染が判明したことから、世界の公衆衛生当局は迅速な対応を余儀なくされている。

  当初、乗客乗員には感染者はいないと明言していた同クルーズ船の運航会社、米カーニバル傘下のホーランド・アメリカ・ラインは、感染の可能性がある乗客が帰国した場合の影響について当局と調整していると説明した。乗客の出身国・地域は41と多岐にわたっていたが、最も多かったは米国人だった。

Concern In Cambodia As The Wuhan Covid-19 Spreads

カンボジアで停泊中のウエステルダム号(2月17日)

  タイやオランダなど各国・地域の当局は政府施設での隔離や、当局者による入国検査などさまざまな手続きを進めている。

  香港大学の疫学・生物統計学部長、ベンジャミン・カウリング氏は、「感染しながらも症状が出ず、帰国しつつある人がほかにもいるかもしれない」とし、「感染が確認された症例がある以上、帰国者を隔離するのは当然で理にかなったことだ」と指摘した。

  マレーシアは、カンボジアからのウエステルダム号の乗客を乗せた航空機が自国の空港を利用することを許可しないと表明した。

  カンボジアでは、乗客らは帰国が遅れると告げられている。ホーランド・アメリカが同社ブログで明らかにしたところでは、カンボジア当局は国内に残る乗客全員のウイルス検査を実施しようとしている。

  同ブログによると、プノンペンのホテルに滞在している乗客全員の検査が終わり、406人については既に陰性の結果が出て、帰国が許可された。またクルーズ船内の乗客255人と乗員747人は数日中に検査が終わる見込みだとした。

Westerdam Diaspora

Cruise ship manifest lists 1,455 passengers and 41 places of origin

Source: Fresh News and Bloomberg reporting

原題:A Single Cruise Ship Guest Sparks a Global Rush to Contain Virus(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE