コンテンツにスキップする

新型コロナウイルス感染拡大で日本のリセッション観測高まる-調査

CHINA-HEALTH-VIRUS
Photographer: GREG BAKER/AFP
CHINA-HEALTH-VIRUS
Photographer: GREG BAKER/AFP

消費税率の引き上げで打撃を受けた日本経済は、新型コロナウイルスの感染が拡大する中でリセッション(景気後退)に陥りつつあるとの見方に傾いていることがブルームバーグのエコノミスト調査で分かった。

  同調査によると、エコノミスト14人のうち9人が2020年1-3月期国内総生産(GDP)のマイナス成長を予想。予想中央値は前期比年率で0.25%減となった。17日発表された19年10-12月期GDPは5年余りで最大の落ち込みだった。  

  安倍政権は昨年12月に経済対策を策定したが、リセッション入りの可能性が高まる中で景気の下支えにさらなる追加財政支出の検討を迫られる可能性がある。

日本経済、新型肺炎で2期連続マイナス成長も-万全期すと安倍首相

 

新型肺炎で募る不安

日本は景気後退へ傾くとエコノミストは予想

出所:内閣府、ブルームバーグ

  エコノミストの多くは新型コロナウイルスが1-3月期の日本経済の回復を妨げ、マイナス成長が続くとみている。新型肺炎の感染拡大により、観光収入で最大のウエートを占める中国からの訪日客急減の影響が足元で既に出ている。大都市圏で感染者が確認されたことから、日本人も人の多く集まる場所を避けており、これが既に低調な国内消費に追い打ちを駆けることにもなりかねない。

原題:
Most Economists See Virus Pushing Japan into Recession: Survey(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE