コンテンツにスキップする
Photographer: Maurice Tsai

米、TSMCのファーウェイ向け輸出と中国国産旅客機阻止も-関係者

  • ジェットエンジンの対中輸出を阻止するかどうか月内に決定と関係者
  • ファーウェイへの部品販売を阻止する輸出管理規則の適用拡大も検討
Silicon wafers made by Taiwan Semiconductor Manufacturing Co. (TSMC) are arranged for a photograph at the company's headquarters in Hsinchu, Taiwan, on Wednesday, Jan. 16, 2013. Taiwan Semiconductor Manufacturing Co., the world’s largest supplier of made-to-order chips, is scheduled to announce company results tomorrow.
Photographer: Maurice Tsai

トランプ米政権は、先端技術の対中輸出への新たな規制を検討している。事情に詳しい関係者4人が明らかにした。

  これらの関係者によれば、中国が進めている国産ジェット旅客機開発を妨げ、中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ)の半導体調達を一段と締め付ける狙いがある。

  米政権高官らは米ゼネラル・エレクトリック(GE)と仏サフランとの合弁会社が製造するジェットエンジンの対中輸出を阻止するかどうか2月中に決定する見込み。3人の関係者が明らかにした。このエンジンは、現在飛行試験中の旅客機「COMAC C919」に搭載される予定という。

  関係者によると、米政府はこれと並行し、台湾積体電路製造(TSMC)など海外の半導体メーカーと米サプライヤーが米国外で製造した部品のファーウェイへの販売を阻止するため、輸出管理規則の適用拡大も別途検討している。

原題:U.S. Considering New Wave of China Tech Restrictions(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE