コンテンツにスキップする

IMF、アルゼンチンに融資のヘアカット実施できない-専務理事

  • アルゼンチンの債務持続可能性のデータ入手にはさらに時間必要
  • IMFはフェルナンデス政権の経済成長回復の取り組みを支持

国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は16日、IMFが最後の貸し手として、アルゼンチンに対して融資のヘアカット(減免)は実施できないと述べた。アルゼンチンのクリスティナ・フェルナンデス・デ・キルチネル副大統領はIMFに損失を引き受けるよう求めていた。

  同専務理事は「われわれは法的構造により、大きな国際的責任を持たない他の機関にとっては可能かもしれない措置は実施できない」とアラブ首長国連邦(UAE)のドバイでのブルームバーグテレビジョンとのインタビューで語った。

IMFのゲオルギエワ専務理事 (出所:ブルームバーグ)

出所:Bloomberg)

  同専務理事は、アルゼンチンの債務持続可能性に関するデータを入手するにはさらに時間が必要だと指摘。IMFは引き続きフェルナンデス政権の経済成長回復の取り組みを支持していると述べた。

原題:
IMF Cannot Offer Argentina a Haircut on Loan, Georgieva Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE