コンテンツにスキップする

新型ウイルスの新たな感染症例、減りつつあるか判断尚早-WHO

更新日時
  • 感染症例の圧倒的多数は軽症-緊急対応に当たる中国の疫学チーム
  • 英国もダイヤモンド・プリンセス乗船の自国民を早急に退避の用意
BRITAIN-CHINA-HEALTH-VIRUS-EPIDEMIC
Photographer: DANIEL LEAL-OLIVAS/AFP
BRITAIN-CHINA-HEALTH-VIRUS-EPIDEMIC
Photographer: DANIEL LEAL-OLIVAS/AFP

新型コロナウイルスを巡り、世界保健機関(WHO)は、新たな感染症例が実際に減りつつあるのか判断を下すには時期尚早であるとの慎重な見方を示した。

  中国の国家衛生健康委員会が18日発表した新型ウイルス感染症例は累計で7万2436件になった。17日に1886件増えた。死者は98人増の計1868人に達した。

新型ウイルス封じ込めで中国が逃した4つ節目-重要な最初の1カ月に

  新型ウイルスの緊急対応に当たる中国の疫学チームは、同国疾病対策センターのウィークリーに掲載されたリポートで、感染症例の圧倒的多数は軽症だとの認識を示した。感染確認と感染疑いの計7万2000件を今月11日まで分析した。

  それによれば、感染確認のうち81%は軽症で、重症が14%、重体は4.7%と判断され、30-79歳が約87%を占めた。死者の大半は60歳以上だった。死亡率は2.3%で、死者の大半は湖北省に集中。これに対し、重症急性呼吸器症候群(SARS)の死亡率は9.5%、2009年の新型インフルエンザは0.4%だった。

  なお新型ウイルスの問題は、中国共産党の政治日程にも影響を及ぼしているものと見受けられる。新華社通信によると、同国は3月5日に開幕予定の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)の延期を検討している。

中国、全人代の延期検討-政治システムへのウイルス影響認める

アップル、1-3月売上高目標の達成予想せず-新型ウイルス影響

中国1-3月成長率は4%と1990年以来の低水準か-エコノミスト予測

  李克強首相は新型ウイルス対策の会合で、感染拡大に対するこれまでの取り組みにより、前向きな傾向がみられるようになったと述べた。中国中央テレビ局(CCTV)が伝えた。李首相は感染拡大の勢いは弱まっており、総力を挙げた制御を通じさらなる大流行は避けられていると説明したという。

  新型ウイルスに感染して中国で先月死亡した50歳の男性の事例を調べた北京の医師団は、男性の肺障害について、SARSや中東呼吸器症候群(MERS)との類似点を指摘した。

新型肺炎で死亡した患者、SARSのような肺障害示す-専門家分析

新ウイルス巡る習主席の1月の演説、共産党が異例の公表-悩む専門家

  一方でWHOは、現時点ではクルーズ船旅行はまだ「管理可能なリスク」であり、禁止を勧告するのは理にかなわないとの見解を示した。新型ウイルス感染に見舞われた米カーニバルのクルーズ船2隻から、乗客らが帰国することにより、感染が拡大するのではないかとの懸念が生じている

  WHO緊急事態プログラム責任者のマイク・ライアン氏は17日、ジュネーブ本部での記者会見で、「クルーズ船や空港、特定の民族集団を避けるべきだと言う人々がいる」が、このような考えには「注意する必要がある」とし、「われわれが引き続き社会として機能できるようなリスク管理のアプローチが必要だ」と述べた。

  クルーズ船のうち、横浜港に停泊中の「ダイヤモンド・プリンセス」号について韓国保健福祉省は、自国民を退避させるため、18日午後に大統領専用機を派遣する方向で日本側と協議していると声明で明らかにした。

  このほか、英外務省もダイヤモンド・プリンセスに乗船している自国民を「できる限り早急に帰国させるよう手配している」とする声明を発表した。

クルーズ船「ウエステルダム」乗客の帰国で対応急ぐ-世界の衛生当局

両親に会うため帰省した記者、思いがけずコロナウイルス検疫を体験

Virus Map

世界中の新型コロナウイルス感染の状況

原題:Canadians Aboard Cruise Liner Reportedly Infected: Virus Update(抜粋)

(中国の疫学チームのリポートを3~4段落目、英外務省の声明を最終段落に加えて更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE