コンテンツにスキップする
Subscriber Only

ブルームバーグ氏が支持伸ばす-サンダース、バイデン氏が攻撃強める

マイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長

マイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長

Photographer: JEFF KOWALSKY/AFP

2020年米大統領選の民主党候補の公認指名争いは、第3戦となる22日のネバダ州党員集会を控えて、マイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長が支持を伸ばしており、共和党員だったブルームバーグ氏の過去に加え、治安維持や女性、人種を巡る立場および発言を材料にライバルが同氏を攻撃した。

  アイオワ州党員集会では僅差で2位となり、ニューハンプシャー州予備選で勝利したバーニー・サンダース上院議員は、ラスベガスで行ったクラーク郡の民主党員らへの演説で、ブルームバーグ氏をテーマに取り上げた。

  サンダース氏は、「ストップ・アンド・フリスク(不審者への職務質問や所持品検査)」などの人種差別的政策や最低賃金引き上げに反対した過去を批判。「ブルームバーグ前市長は彼の資金をいくら投じても、ドナルド・トランプ米大統領を打ち破るために不可欠な得票に必要な機運や活力を生み出せないだろう」と訴えた。

  バイデン前副大統領は16日のNBCの番組で、ブルームバーグ氏を銃規制などの問題での実績で称賛し、その問題についてはオバマ前大統領の「真の盟友」と呼びながらも、結果的にオバマ氏に擦り寄ろうとした動きとして反感を示し、ブルームバーグ氏を「彼は支持したくないだろう」と発言した。

(ブルームバーグ前ニューヨーク市長はブルームバーグ・ニュースの親会社ブルームバーグ・エル・ピーの創業者で、過半数株式を所有している)

原題:Bloomberg Faces Attacks from Democrats as He Rises in Polls(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE