コンテンツにスキップする
Subscriber Only

クルーズ船の感染者70人増え355人にー夕方にも専門家会議

更新日時
  • 新型肺炎で夕方5時に専門家会議、適切な受診の「目安」示す
  • 中国の感染症例6万8500件、死者は1665人ー16日時点
Pedestrians wearing protective masks cross an road in the Ginza area in Tokyo, Japan.

Pedestrians wearing protective masks cross an road in the Ginza area in Tokyo, Japan.

Photographer: Akio Kon/Bloomberg

加藤勝信厚生労働相は16日朝のNHKの日曜討論で、横浜港に停泊しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」号で実施中の検査で、感染者の数が355人に増えたことを明らかにした。

  厚生労働省がきょう付で発表した資料によると、新たに結果が判明した289人のうち70人の陽性が確認された。陽性のうち38人は無症状の病原体保有者だという。

  加藤厚労相は、中国での状況について「ピークアウトしているという状況ではない」との認識を示した上で「日本もここに来て感染者数が増えてきており、今後感染が拡大していく可能性を前提にした対策を作っていかねばならない」と語った。専門家の意見を踏まえた現状の判断を早急に行う。

  政府はきょう夕方5時から感染症の専門家会議を開き、医学・免疫学的観点から検討して、重症化を防ぐための適切なタイミングでの受診を促す「目安」を作る。受診するのは、一定水準の発熱がどのぐらい続いた場合といったわかりやすい目安を示す。特に重症化しやすい高齢者や基礎疾患のある人に対しては、より広範な基準を示す。

  新型コロナウイルスは、中国本土でも感染拡大が明らかになっている。中国国家衛生健康委員会は16日、新型コロナウイルスの感染症例が6万8500件になったと発表した。15日に2009件増えた。死者は1665人となった。

  一方、「ダイヤモンド・プリンセス」号を巡っては各国政府が乗客を帰国させる方向で調整を進めている。カナダ政府は、乗客が直面する「異常な状況」や日本の医療の「負担軽減」のため、カナダ人乗客を帰国させるために飛行機をチャーターする方針を明らかにした。これに先だって米政府や香港政府も乗客をチャーター機で退避させると明らかにしていた。

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE