コンテンツにスキップする

フィアット・クライスラー、セルビア工場で操業一時停止へ-関係者

  • 新型コロナウイルスの影響で中国から調達する部品が不足
  • ウイルスの影響による工場停止、欧州では初めて

米・イタリアの自動車メーカー、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は、セルビアにある組立工場の操業を一時停止する。新型コロナウイルス感染拡大の影響で中国から調達する部品が不足しているためだという。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  新型ウイルスを理由に欧州大陸での生産拠点で操業停止を余儀なくされた欧州自動車メーカーはFCAが初めてとなる。

  非公開の話し合いだとして匿名を条件に述べた同関係者によると、フィアットの「500L」を生産するセルビア工場では、中国から調達する音響システムやその他電子部品が不足している。

  フィアット・クライスラーの広報担当者はコメントを避けた。

原題:
Fiat Chrysler Plans to Halt Works at Serbia Plant on Coronavirus(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE