コンテンツにスキップする

新型肺炎治療、回復した患者の血漿に有効性-中国医薬品メーカー

  • 体内ウイルス減少や血中酸素濃度上昇などがみられるという
  • 中国株式市場では血液製剤メーカーが軒並み急伸

中国の国有医薬品メーカー、中国生物技術は、新型コロナウイルス感染から回復した患者から採取した血漿(けっしょう)を集めている。別の患者への適用で治療効果が明らかになったという。

  同社は今月8日以降、極めて強力な抗体を含んでいるこの血漿を10人余りの重症患者の治療に使っている。微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて13日夜に明らかにした。

  同社によると、この治療を受けた患者は24時間以内に症状が改善。炎症軽減や体内ウイルス量の減少、血中酸素濃度の上昇などがみられるという。

  この発表を受け、14日の中国株式市場では、北京天壇生物製品上海莱士血液製品華蘭生物工程など血液製剤メーカーがそろって急伸した。

CHINA-WUHAN-CORONAVIRUS-CURED PATIENTS (CN)

新型ウイルス感染後、回復し湖北省武漢の病院を退院した人々(2月6日)

原題:
China Seeks Plasma From Recovered Patients for Coronavirus Cure(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE