コンテンツにスキップする

米エクスペディア、20年利益の「2桁」増を予想-時間外で株価急伸

  • 19年10-12月期の調整後EBITDAはアナリスト予想を上回った
  • 新型ウイルスの影響を考慮に入れても利益は2桁増になると予想

オンライン旅行会社、米エクスペディア・グループは2020年の利益がアナリスト予想を上回る「2桁」増になるとの見通しを示した。また、新型コロナウイルス感染拡大による世界的な旅行需要鈍化に直面する中でも予約の取り扱いは維持できることを示唆した。株価は13日の時間外取引で一時10%以上の大幅上昇となった。

  同社が13日発表した2019年10-12月期(第4四半期)の売上高は前年同期比7.3%増の27億5000万ドル(約3020億円)と、アナリスト予想の27億7000万ドルを若干下回った。予約取扱総額は同5.9%増の232億ドルだった。

  調整後EBITDA(利払い・税金・減価償却・償却控除前利益)は4億7800万ドルと、ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均の4億5160万ドルを上回った。

  同社のディラー会長とカーン副会長は発表資料で、業績見通しについて「今年実施するコスト削減の金額やコロナウイルスの完全な影響について不確実性があるため、具体的なガイダンスの範囲は示さない」と説明。「しかし、これら要因を考慮に入れても、2020年の調整後EBITDAは2桁増を見込んでいる」と付け加えた。

原題:
Expedia Jumps After Projecting ‘Double-Digit’ Profit Growth (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE