コンテンツにスキップする

中国、地方政府に債券追加発行認める-新型ウイルス対策で3月前に

  • 一般債5580億元と特別債2900億元-合計で13兆3800億円相当の新規枠
  • 年次予算は通常、全人代で承認-今のところ全人代は3月5日開幕

中国は新型コロナウイルス感染拡大に伴う経済的ショックを和らげるため、地方政府に対し3月までに8480億元(約13兆3800億円)相当の債券追加発行を認める。

  財政省が11日発表した声明によると、新規発行枠は地方政府の一般債5580億元と特別債(専項債)2900億元から成る。当局が以前承認した1兆元専項債発行枠に加わる。専項債は高速道路や医療施設など主に地方インフラ事業の整備資金を集めるため発行される。

  新型ウイルス流行前の2019年、中国政府は減速する景気を支えるため、地方政府の債券発行をすでに加速させていた。

  年次予算は通常、全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で承認される。全人代は今のところ、3月5日に開幕する予定。

関連記事
中国が全人代開催を延期も、新型ウイルス感染拡大で-ロイター

原題:
China Lets Local Governments Sell More Debt Early Amid Outbreak(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE