コンテンツにスキップする

日産が新型肺炎影響で九州工場を一時停止へ-14日、17日の2日間

更新日時

日産自動車は、新型コロナウイルスによる肺炎の影響で物流が混乱し中国から部品を調達しにくくなっていることから、日産自動車九州の工場(福岡県苅田町)の稼働を一時的に停止する方針を固めた。同社広報担当の百瀬梓氏が10日に明らかにした。

  国内向けの「セレナ」や「エクストレイル」のほか、北米市場など輸出用のモデルも生産する同工場で、今月14日と17日の2日間、生産調整を行うことを計画している。その後すぐに再開することを想定しているという。国内の他工場には現時点で影響は出ていないとしている。

  新型肺炎の影響で日系自動車メーカーが国内工場の稼働停止を決めたのは、日産が初めて。自動車メーカーでは韓国の現代自動車が4日、同様の問題で韓国内の工場での生産を停止する方針明らかにしていた。

  日産は中国の工場での生産を17日から順次再開する計画も示した。同社はこれまで、新型コロナウイルス感染の中心とされる中国の湖北省武漢市にある現地合弁の工場の操業を14日以降に再開し、その他の地域の工場では10日以降に再開する方針を示していた。

(現代自動車についての情報を追加して記事を更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE