コンテンツにスキップする

WHO事務局長、中国渡航歴ない人々からの新型ウイルス拡大懸念

更新日時
Visitors wearing face masks walk along a shopping street leading to the Sensoji temple in the Asakusa district of Tokyo.

Visitors wearing face masks walk along a shopping street leading to the Sensoji temple in the Asakusa district of Tokyo.

Photographer: Akio Kon/Bloomberg
Visitors wearing face masks walk along a shopping street leading to the Sensoji temple in the Asakusa district of Tokyo.
Photographer: Akio Kon/Bloomberg

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は9日、中国への渡航歴がない人々から新型コロナウイルスが広がった懸念されるケースがあるとして、同ウイルスに関して「われわれは氷山の一角しか見ていない恐れがある」とツイートした。  

  事務局長は「少数の例は他国でのさらなる感染拡大を示している可能性がある」と指摘。「公衆衛生上の緊急事態」が続く中で、全ての国々が新型ウイルス上陸の可能性に備える努力を強化するよう求めた。

  同事務局長はまた、WHOの取り組みに寄付が貢献しているとしながらも、新型ウイルスとの闘いで寄付が目標額の6億7500万ドル(約740億円)に達していないと述べた。

原題:
WHO Chief: Concern Over Virus Spread From Ppl W No China Travel(抜粋)

(詳細を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE