コンテンツにスキップする

米司法省、ホンダなど自動車4社への反トラスト調査取りやめ

米司法省は、排ガス・燃費基準を巡りカリフォルニア州当局と合意したホンダなど4社に対する反トラスト調査の継続を断念した。将来の排ガス・燃費基準を巡り、トランプ政権とカリフォルニア州当局は争っている。

  司法省が調査していたのはホンダのほか、米フォード・モーター、独BMW、フォルクスワーゲン(VW)。4社は昨年、カリフォルニア州の排ガス・燃費基準に自主的に従うことで合意した。トランプ大統領はこれらの基準の緩和を提案しており、同政権は4社の行動を大統領案を損なうものと見なし、批判していた。

原題:U.S. Closes Antitrust Probe of Carmakers Over Emissions Pact (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE