コンテンツにスキップする

クルーズ船外国人の一律入国拒否は「今のところない」-森法相

  • 事態が変化すれば躊躇なく対応を決断へ-クルーズ船寄港で
  • 外国人の入国拒否、必要なら対象地域を湖北省から拡大も

森雅子法相は新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大への対応で、日本に寄港予定のすべてのクルーズ船の外国人の入国を一律で拒否する考えは、「今のところない」とした上で、事態が変化すれば躊躇(ちゅうちょ)なく対応を決断する考えを示した。

Japan Justice Minister Masako Mori

森雅子法相

Photographer: Andy Hung/Bloomberg

  森氏は7日のブルームバーグのインタビューで、日本政府が入管難民法に基づき乗船している外国人の入国拒否を決めたクルーズ船「ウエステルダム」号について、「寄港すると、わが国の国内にも感染が拡大する恐れがある」として個別に措置を取ったと説明。今後も個別に判断していくかどうか、「事態の推移を見守りたい」とした。

  安倍晋三首相は6日、香港から日本国内に向かって出発したクルーズ船「ウエステルダム」号に乗船している外国人について、特段の事情がない限り入国拒否の対象とする方針を発表した。

香港はターミナル一時閉鎖

  海路からの水際対策を巡っては、到着したクルーズ船にウイルスに感染して下船した乗客がいた香港がカイタッククルーズターミナル(啓徳郵輪碼頭)とオーシャンターミナル(海運大厦)を一時閉鎖することを決めている。日本では横浜港に停泊しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」号で7日までに61人の感染者が見つかった。

  このほか日本政府は1日から、感染が確認できていない場合でも14日以内に湖北省滞在歴がある外国人や同省発行の中国旅券を所持する人は特段の事情がない限り、入国を拒否する措置を実施している。森氏は「現在のところ、今の措置を拡大することは考えていない」と指摘。ただ「事態が刻々と変化している」として、さらなる措置が必要と判断した場合には対象を拡大する考えを示した。

  出入国在留管理庁によると、5日までに入国を認められなかった外国人は20人に上った。

関連記事

 

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE