コンテンツにスキップする

米ギリアドの新型ウイルス薬、中国の研究所が国内の特許申請

  • 中国科学院武漢病毒研究所がレムデシビルの特許を申請
  • 承認されるかどうかは不明-知的財産権を巡る懸念再燃も

中国科学院武漢病毒研究所は、新型コロナウイルスに対して効果があるとみられている米ギリアド・サイエンシズの治験薬レムデシビルについて、中国で特許を申請した。

  同研究所のウェブサイトに4日掲載された資料によると、申請は軍事科学院と共同で1月21日に行われた。

relates to 米ギリアドの新型ウイルス薬、中国の研究所が国内の特許申請

新型コロナウイルスの顕微鏡画像

中国疾病管理予防センター

  この動きを受け、知的財産権(IP)に対する中国の姿勢を巡る懸念が再燃する可能性がある。中国当局が今回の申請を承認するかどうかは不明。特許が認められるには、新型コロナウイルス「2019-nCoV」に対し、同類の他のウイルスへの効果とは異なる形で効くことを証明する必要がある。

  ギリアドはレムデシビルを中国の患者向けに無償で提供し、臨床試験がうまくいった場合は供給を増やす方針を表明している。

原題:
China Wants to Patent Gilead’s Experimental Coronavirus Drug (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE