, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

DENA、ゲーム事業で494億円減損、米子会社主因-純損失計上

更新日時
  • 減損損失の内訳はのれんが402億円、ソフトウェアが81億円
  • 南場智子会長と守安功社長が3カ月間、役員報酬月額の50%を返上

ディー・エヌ・エー(DeNA)は5日、ゲーム事業で計494億円の減損損失を10-12月期に計上すると発表した。米子会社ののれんを減損した。

  発表によると、減損損失の内訳はのれんが402億円、ソフトウェアが81億円。のれんの減損は2010年に買収した米エヌジーモコに関わるものが大半という。ゲーム事業の計画を見直した結果、将来のキャッシュ・フローを基に算出した。

  今期(2020年3月期)は営業損失や純損失を計上する見通し。10-12月期は492億円の営業損失、550億円の純損失になった。

  減損損失を受け、南場智子会長と守安功社長が3カ月間、役員報酬月額の50%を返上する。

  守安社長は会見で、減損はポケモンマスターズなど期待していた新ゲームが想定を下回り、「保守的見地に立ち実施した」と説明。ゲーム事業は「非常に稼ぐ力が弱くなっている」とした上で「基幹事業なので収益基盤を再強化していく」と述べた。

(守安社長の会見での発言を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE