コンテンツにスキップする

中国、4-6月もウイルス対策継続見込む-3月予定の一部行事が延期

  • 中国開発フォーラムは延期見通し、中国版ダボスも検討中
  • 電気自動車レースやバスケットボール試合なども中止に
A pedestrian walks along a road past the Drum Tower in Beijing.
A pedestrian walks along a road past the Drum Tower in Beijing. Photographer: Giulia Marchi/Bloomberg
A pedestrian walks along a road past the Drum Tower in Beijing.
Photographer: Giulia Marchi/Bloomberg

中国政府は3月後半に予定していた複数の大型行事を延期や中止としている。新型コロナウイルス感染拡大防止への取り組みは第2四半期(4-6月)に入っても続くことが示唆された。

  3月21日に北京で開幕する予定だった中国開発フォーラムも保留となっている。過去には米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)やアルファベットのサンダー・ピチャイCEO、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOも出席したことがある年次会合だが、新型コロナウイルスを理由に延期される見通しだと、事情に詳しい関係者が匿名を条件に述べた。

  影響は経済関連会合だけにとどまらない。3月21日に海南島で計画されていた電気自動車のレースは中止が決まった。中国プロバスケットボールリーグ(CBA)は4月まで試合を行わない方針だと、北京青年報が報じた。

  世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)の中国版とうたわれる「博鰲(ボアオ)アジアフォーラム」の主催者も、関連組織と現在協議していると明らかにした。同フォーラムは3月24-27日の開催予定だが、ブルームバーグが閲覧した招待者向けの案内で、主催者は当初の予定に従い準備を進めているものの、中国政府と「延期する必要があるかどうかを検討している」と説明した。

延期や中止、変更が決まったイベント

イベント名当初開催予定日開催場所決定
三亜 E-Prix3月21日海南省三亜中止
スウォッチ高級時計ショー2月28日-3月6日スイス、チューリヒ中止
国連生物多様性会議作業部会2月24-29日雲南省昆明イタリア・ローマに移転
シンガポール航空ショー2月11-16日シンガポール一部企業が参加見送り
ファーウェイ開発者会議2月11-12日広東省深圳3月下旬のインターネット開催に変更
中国プロバスケットボールリーグ2月1日にリーグ戦再開中国全土4月1日まで試合中止-北京青年報

原題:China’s Push to Contain Virus Puts Events in Late March on Hold(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE