コンテンツにスキップする

ブラックロック、マイナス利回り債に警鐘-今年のプラスリターン困難

  • マイナス利回り債券の価値、過去数日間で300兆円近く膨らむ
  • 新型ウイルス不安などでパニック買い、ギリシャ債も利回りマイナス

運用資産最大手の米ブラックロックはマイナス利回りの債券について、投資対象として危険だとあらためて警鐘を鳴らした。

  新型コロナウイルスによる経済的損失への不安や金融当局のハト派姿勢が続くとの思惑から、過去数日間でマイナス利回りの債券の価値は2兆7000億ドル(約293兆円)膨らみ、13兆9000億ドルに達した。オーストリアやギリシャはマイナス利回りで新規国債を発行した。

  

Virus panic brings record surges in negative-yielding debt stockpile

  だが経済指標が安定しつつある中で、債券の急騰は危険で持続不可能なようにも見える。ブラックロックでグローバル債券担当最高投資責任者(CIO)を務めるリック・リーダー氏はマイナス利回りの債券について、「これらの資産が2020年にプラスのリターンを生み出すのは極めて難しい」とブログに投稿。財政・金融政策の後押しでインフレと成長が促されるとし、「マイナス利回りの債券全体がマイナスのリターンになる」と見込む。

  このほかHSBCホールディングスはドイツ15年債の買い推奨を取り下げ、安全度が相対的に低いフランス債の推奨に切り替えた。アバディーン・スタンダード・インベストメンツのマネーマネジャー、ルーク・ヒックモア氏も債券に弱気だ。

  業界全般では債券のパニック買いが起きている。マイナス利回りの債券の価値は先週、ブルームバーグが定期的にデータの集計を始めた3年前から最も増加した。バンク・オブ・アメリカ(BofA)の指数データによると、ドイツ債のリターンは1月に5カ月ぶりにプラスに転じ、プラス2%となった。

  オーストリア政府がシンジケート団を通じて最近発行したマイナス利回りの10年債には、発行額の約10倍に上る需要が集まった。その数日前には、かつて国際金融支援を仰がざるを得なかったギリシャがマイナスの利回りで短期国債を発行した。

Safe or Sorry

Negative yields paid negative new-issue returns in 2019, but not in 2020

Source: Data compiled by Bloomberg

Notes: Euro-denominated, investment-grade, shorter than 5 years at issue

原題:
BlackRock Warns on Negative Debt as Total Jumps by $2.7 Trillion(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE