, コンテンツにスキップする
SUBSCRIBER ONLY

英グラクソ、新型ウイルスワクチン開発競争に参戦-CEPIと協力

  • CEPIとワクチン開発加速取り組むと発表-迅速な大量供給目指す
  • グラクソと豪州クイーンズランド大学が連携-CEPIがまとめ役

グラクソ・スミスクラインは新型コロナウイルスを巡って世界で繰り広げられているワクチン開発競争に自社技術を投入する。

  グラクソと官民連携パートナーシップの感染症流行対策イノベーション連合(CEPI、本部オスロ)は3日、ワクチン開発の加速に取り組むと発表した。開発後は大量のワクチンを迅速に供給することを目指すとしている。

  プロジェクトでは、グラクソの免疫増強剤技術が基盤となる見通し。CEPIのリチャード・ハチェット最高経営責任者(CEO)は発表文で、グラクソの技術を利用できることは新型コロナウイルスのワクチン開発に向けた「大きな前進」だと強調した。

  CEPIは、ワクチンプラットフォームをグラクソの技術と一緒に試すことに関心のあるCEPI支援のグループと同社の間を取り持つ。グラクソとオーストラリアのクイーンズランド大学の間で最初の合意が成立している。

原題:
Vaccine Giant Glaxo Joins Global Race to Combat Coronavirus(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE