コンテンツにスキップする
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg
cojp

外国人の入国拒否、感染地域拡大なら弾力的措置も-加藤厚労相

更新日時
  • 無症状感染者の1人が発症、日本の患者数は計16人に-厚生労働省
  • 水際対策で入国を拒否した外国人は2日現在で8人-菅官房長官
The National Diet building stands at dusk in Tokyo, Japan, on Monday, Jan. 20, 2020. Prime Minister Shinzo Abe opened a new session of parliament on Monday with a fresh call to revise the country's U.S.-imposed postwar constitution.
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

新型コロナウイルスの感染が中国各地に広がっていることに関連し、日本政府は今後の情勢次第で滞在歴を湖北省に限定した外国人の入国拒否の対象地域を拡大することも検討する。加藤勝信厚生労働相が3日午後の衆院予算委員会で語った。岡本充功氏(国民民主)への答弁。

  厚生労働省が同日発表したところによると、日本の感染者数は20人。このうち熱やせきなど症状のある患者は16人となった。症状がない無症状感染者だった1人が発症し、患者数が増えた。

  岡本氏は、米国が中国滞在歴のある外国人の入国を一時拒否するなどの例を挙げ、「日本は対策が小さかったという批判を受けるのではないか」と指摘した。加藤氏は「刻々と中国各省ごとの疑似患者、あるいは患者の数字が出ている。そうした動向を分析しながら、さらに拡大し得るということになれば、そこを対象にしていくという弾力的な措置は考えていかなければいけない」と語った。 

  森雅子法相によると、潜伏期とされる2週間前の1月20日から移動が制限された23日までの間に武漢市からの直行便で日本に入国した外国人は少なくとも約1700人、同月20日から2月1日までに入国した中国国籍を持つ人は約34万1800人。

  政府は1日に新型コロナウイルスによる感染症を「指定感染症」に指定する政令を施行。同時に水際対策として14日以内に中国湖北省における滞在歴があったり、同省発行のパスポートを所持したりする外国人について、特段の事情がない限り、症状の有無にかかわらず入国を拒否する異例の措置に踏み切っている。菅義偉官房長官は3日午後の記者会見で、入国を拒否した外国人が2日までに8人いたことを明らかにした。

簡易検査キット

  自民党の岸田文雄政調会長は3日午前の予算委で、国内対策について質問。現在は国立感染症研究所や地方衛生研究所などでしか検査ができない現状では「なかなか感染の実態が確認できない」と懸念を示した。これに対し、安倍晋三首相は新型コロナウイルスの国内での検査態勢を拡充するため、「民間機関との連携も視野に、簡易検査キットの開発について既に着手した」と述べた。

Operations At Narita Airport As Japan To Step Up Use Of Quarantine As Virus Spreads in China

成田空港の検疫検査

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

  

  岸田氏は中国での感染拡大は日本経済にも影響が予想され、7月に開幕する東京五輪にも「影響が出るかもしれない」と語った。自民党としても「省庁横断的な幅広い対策について取りまとめ、一両日中に政府に申し入れたい」と語った。

  安倍首相は渡辺周氏(国民民主)への答弁で、国際オリンピック委員会(IOC)との緊密な連携を図りながら、「影響が及ばないよう適切に対応していきたい」と答弁した。橋本聖子五輪相は組織委員会も東京五輪の中止は検討していないと述べるとともに、感染症対策に万全を期すため、大会組織委員会や関係自治体、競技団体を含む関係者が一堂に会する会議を今週中にも開催すると語った。

  一方、橋本岳厚生労働副大臣は午後の予算委で、日本国内でマスクが品薄状態となっていることから先月28日に厚労、経済産業両省が業界団体を通じ、国内メーカーに増産を要請していることを明らかにした。

  また、菅官房長官は3日午前の記者会見で、中国湖北省に残る在留邦人の帰国に向けた第4便のチャーター機については、中国側との調整などから今週半ば以降の派遣になると説明した。

  茂木敏充外相はまた、外国籍保有者も搭乗できるかどうかを中国政府を含めて多方面と調整しているとことを明らかにし、人道的ケースを考慮してどういう対応ができるか調整していきたいと答弁した。

  

日本国内での新型コロナウイルスの感染は計20例(3日現在)
  • 1例目(1月15日)は武漢市に滞在歴がある神奈川県在住の30代男性
  • 6例目(同28日)は滞在歴のない奈良県在住の60代男性バス運転手-日本人で初
  • 8例目(同29日)は6例目の男性運転のバスにガイドとして同乗していた大阪府在住の40代女性
  • 9例目(同30日)は政府チャーター便(第1便)で帰国した武漢市氏在住の50代の日本人男性
  • 13例目(同31日)は6例目の男性運転のバスにガイドとして同乗していた千葉県在住の20代女性
  • 14例目(2月1日)は第3便で帰国した40代の日本人男性
  • 15例目(同1日)は第1便で帰国した中国在住の40代の日本人男性
  • 16例目(同1日)は政府チャーター便で帰国した武漢市在住の40代男性
  • 4例は症状が出ていない-いずれも政府チャーター便で帰国した日本人
  • 他は来日していた武漢市など中国居住者や同市に滞在歴ある日本居住者
(患者数増加についての情報を第2段落に入れ、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE