コンテンツにスキップする
Subscriber Only

中国湖南省で「H5N1」型の鳥インフルエンザ感染-ニワトリ殺処分

  • 湖南省は新型コロナウイルス感染の中心地である湖北省に隣接
  • 03年以降、H5N1型の感染によって全世界で455人が死亡-WHO
Chickens At Shekou Wet Market In Shenzen

Photographer: Brent Lewin/Bloomberg

中国湖南省邵陽市の養鶏場で「H5N1型」鳥インフルエンザの感染が確認されたことを受けて、ニワトリほぼ1万8000羽が殺処分された。同国農業農村省が1日、ウェブサイトに掲載した声明で明らかにした。

  鳥インフルエンザがいつ発生したのかや、殺処分の時期については明らかにされていない。湖南省は新型コロナウイルス感染の中心地である湖北省に隣接している。

  農業農村省は、鳥インフルエンザの感染が確認された邵陽市の養鶏場では4500羽が死んだと発表。世界保健機関(WHO)によると、2003年以降、H5N1型の感染によって全世界で455人が死亡している。

原題:China Culls 18,000 Chickens After H5N1 Bird Flu Cases in Hunan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE