コンテンツにスキップする

英国がEUを正式離脱、通商交渉へ-混乱回避が焦点に

更新日時

英国は1月31日、欧州連合(EU)を正式に離脱した。約半世紀にわたるEU加盟の後で、英国とEUが年内に自由貿易協定(FTA)などで合意し、混乱を回避できるかどうかが今後の焦点となる。

  ジョンソン首相は同日のビデオ演説で「これは終わりでなく始まりだということだ。今まさに夜が明け、新たな幕が開く瞬間だ」と述べた。

  同氏は英国のEU離脱のキャンペーンを主導し、2016年の国民投票で勝利。英EU離脱のプロセスはこの日完了したが、同首相の仕事は終了からは程遠い。

  首相は年末までにEUと包括的な貿易協定で合意する必要があり、英産業界は合意成立まで多くの不確実性に直面することになる。

  欧州改革センター(CER)のサム・ロウ上級研究員は「将来の関係について多くの疑問が残る」と述べた。  

原題:Britain Leaves the European Union, But Brexit Is Far From Over(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE