コンテンツにスキップする

米個人消費支出、12月は前月比0.3%増に減速-コアインフレ加速

更新日時

米国では昨年12月に個人消費支出が減速し、経済の原動力である消費が年末にやや勢いを失ったことが示唆された。一方、米金融当局が注目するインフレ指標は加速した。商務省が31日に発表した。

キーポイント

  • 12月の個人消費支出(PCE)は前月比0.3%増-市場予想と一致
    • 前月(0.4%増)から減速
    • 個人消費は米国内総生産(GDP)の約7割を占める
  • 個人所得は前月比0.2%増-農家への補助金減少を反映
  • PCEコア価格指数は前月比0.2%上昇―7月以来最大の伸び
    • 前年比では1.6%上昇
U.S. inflation measures accelerated in December

  インフレ調整後の実質個人消費支出は前月比0.1%増。処方薬価格や医療費の上昇を反映しており、これは総合PCEが示すほど、裁量支出は堅調ではない可能性を示唆している。

  賃金・給与は前月比0.3%増と、9月以来の低い伸びだった。

  PCE総合価格指数は前月比0.3%上昇、前年比では1.6%上昇した。金融当局は2%のインフレ目標に関して、公式には全項目を対象としたPCE総合価格指数を基準としている。

  食品とエネルギーを除いたPCEコア価格指数は前年比1.6%上昇と、前月の1.5%上昇から伸びが加速した。金融当局者らは、基調的な物価動向をより適切に示す指標としてコア指数に注目している。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:
U.S. Consumer Spending Cooled Last Month, Core Prices Picked Up(抜粋)

(統計の詳細を加え、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE